男は女を顔で選び、女は男を中身で選ぶは本当?

まず、最初に言っておかなければならないのが、多くの男性は出会ってからすぐに、女性に好意をむき出しにして、いきなり口説いてしまいます。それは、好きな女性に対してメールを送るときにもモロに出ます。

これが、すでにかなりステータスの高い男で、知り合った女性から憧れるような存在であれば別に問題ありません。ある程度有名なスポーツ選手だったり。顔もかっこよくて、会社を経営していて年収も高く、高級車に乗って人脈も芸能関係から政治関係まで幅広い。会社では、仕事ができて女性社員からの憧れのまと的な会社に大きな貢献をしているエリートサラリーマン。

このように、元々ステータスが高く女性の方から男性に憧れている状態であれば、好意を抱かれるのはうれしいですし、はじめから、そのように好意を出していった方が、話が早い場合が多いです。

しかし今回はあなたの好きな女性や気に入っている女性に対してメールを送ったりする話です。いいですか?

あなたが、相手の女性のことを好だということは、あなたが相手に対して憧れている場合が多いですよね。相手は、あなたにどう思っているかはわからない状態です。だから、まずは相手に自分はどう思われているか?それを客観的に分析して好きな女性に接するようにこれから、心がけてください。

先ほども言ったとおり自分のステータスが高く気に入った女性から元々憧れているのであれば、問題ないんです。しかし、実際のところはそんなうまい話だったら、恋愛で悩むことなんてありません。

少しここで話しておきたいことがあります。多くの男性は、今から話すことに気づいておらず、早い段階から、女性に引かれ痛い思いをしている極めて重要なことなので、しっかり覚えておいてください。

男は、女性のことを好きになる要素として、ほとんど、最初は外見で好きになります。もしくは、「おっ、いいなこの子」
と気になります。

男の場合、女性を好きになるきっかけとして、一目惚れというのはかなり多いです。まだ、話したこともない隣のクラスの子を好きになったり。入社したての、若い女子社員や派遣で来ている契約社員の女性を一度も話したこともないのに、気になって目で追ってしまう。

パーティーや合コンに行ったときに思うのは、隣に座っている、顔は別に可愛くないけど、性格がすごくいい女性、席が離れていて性格がきつそうだけど、かなりかわいい女性。

隣の子と話は盛り上がっているけど、 あっちの子がかなり気になる・・・このように、男は女性を好きになる時、外見だけで好きなったり、気になったりし、片思いに発展していきます。

では、女性はというと男とは少し違います。ほとんどの男が、女性のことを外見で選ぶのに対して、そのような女性はごく少数となります。

中には、女性でも顔だけで、相手のことを好きになる場合もあります。しかし、ほとんどの女性に言えることは、顔がいいことにこしたことはないけれども、別にある程度であれば、全く問題ない。もしくは、顔は全く気にしない。こういう女性は男が思っている以上に多いです。

女性は、男に対して顔よりも外見的な要素としては
ファッション 清潔さ 髪型
こういう部分を重要視しています。

よっぽどキモい格好をしていなくて、ある程度しっかり意識していれば、顔はほとんど、関係ないと思っています。女性は、顔などではなくて、男らしいとか、自分にないものを持っているとか、意外な側面を持っているとか、将来この人と一緒になったら楽しい人生になりそう、不自 由がなさそうなど、そういう出会った瞬間にはわかりにくい要素で男性のことを好きになっていきます。

だから、男のように出会った瞬間にメーターを振り切って“好き”ではなくて、女は徐々にメーターが上がっていき、“好き”という感情になるんです。男と女は異性を好きになるメカニズムが、違うんです。好きになる、タイミングに時差があるんです。

いいですか。ものすごく大事なことです。これを、まずは肝に銘じておいてください。


このページの先頭へ