モテない男性は好きな人の前で格好つけてしまい失敗する

もてない男性は、好きな女性に対して格好つけてしまい肩の力がいつも入りっぱなしです。できもしないことをできると言ってしまったり、全く知らないことをあたかも知っているようなふりをして、知ったかぶりをしてしまいます。

最初の方は、別に女性の方も
「そうなんだー、すごいねー。」
なんて、言ってくれるんですが、だんだんボロがでてきてしまいます。

例えば、どんなことかというと、ある時、友達同士男女6人で食事をしていた時、 女性の中でこんな会話になりました。
「サーフィンとか、ダイビングとかしている人って、肌がこんがり焼けてて、海の男って感じでかなり素敵だよねー。」

こういう会話をしているとすぐに、
「俺、よくサーフィンとか、ダイビングとか行くよ。 もし、よかったら今度連れて行ってあげるよ。」
と。

でも、実はサーフィンなんて、5年くらい前に1回挑戦してみて、一度も波に乗れずに挫折した。ダイビングなんか、海外へ行ったときに、 体験ダイビングを1日しただけ。

サーフィンや、ダイビングだけじゃなく、スノボーやスキーに関しても同じようなことを言っていました。
「すごいねー。じゃあ連れて行ってね。 すごく楽しみー。」
と、言われていたのに、結局なにもしてあげれず、その女性たちからは、こう言われてしまいました。
「だって、結局あの人、口だけなんだもん、信用できない・・・」
と、そのグループの女性たちには全く信用のない男になってしまいました。

最初上がっていた印象を、途中で下げてしまうというのはかなり印象が悪くなります。できないと言っておいて、実はできるという方が確実に好感度はあがります。絶対に無理に見栄を張ったり、できないことをできると強がって言わないように気をつけてください。



このページの先頭へ