100%成功する!!大人の告白のやり方

3回目のデートを迎えるわけですが、
相手に好意を確信させる。

メールを無視、放置、そっけない態度。

この流れが、しっかりできていれば、この段階で もう相手の女性は今までとは違います。気を使ってきたり。ちょっと弱気だったり。出会った時は立場的にあなたが下だったのが、いつのまにか、あなたが立場的に優位に立っているわけです。

そう、この時点で相手の女性は、
1.気に入っている 2.今の時点ではわからない 3.男として興味なし
で言えば1の“気に入っている”、 もしくはさらにその上の段階“好き”という状態になっています。

なぜなら、2回目のデートのあと、ある程度いいなと思っている相手に、 感情を思いっきり揺れ動かされているからです。

この時に注意してほしいのですが、今までの段階を経て、相手がこちらのことを気になる状態になったからといって、むやみに告白なんて絶対にしないでください。 自信と経験がない男性は、ビビって女性につきあうまで手が出せません。これが、本当に悪循環です。

告白というのは、ある程度大人になった男女にとっては、必要ありません。必要ないというのはちょっと言い過ぎですが、男から女に告白するという時は、確実につきあえるということが確定している時以外はしない方が絶対にいいです。

なぜなら、人間は迷っているときは答えを求められても、 NO、もしくはわからないと言うからです。女性があなたのこと、少しは気に入っているんだけど、彼氏としてどうなんだろうか、という状態の時に告白しても、 答えは NO、もしくはまだわからない、友達としか見れないと、返事がきます。

当り前ですよね?
その時点では本当にそう思っているんですから。

そして、ほとんどの男はもう無理だと自信を失い諦めてしまったり、その後の二人の関係が気まづくなって終了という、最悪の結果になります。本当にもったいないです。

多少気に入っているんですから、そのままの流れで、さも、つきあっている感じで接していれば最終的に相手から勝手に
「私たちって、どんな関係なの?」 「私のことどう思ってるの?」
と、言ってくるのに。これが、女性が男に対しての告白だと思ってください。

相手が自分たちの関係や「私のことどう思っているの」と、聞いてきたときは、「好きだよとか」、「俺はつきあってるつもりだよ」とか、言って欲しいから出る言葉なんです。それが、女性が告白してほしい時のサインです。

相手から聞いてきます。
「私たちって、どんな関係なの?」
と言ってきます。

そうしたら、堂々と言ってやってください。
「別に、俺はお前のこと好きだよ。」
「はっ!? 俺はつきあってると思ってるよ。」
「じゃあ、つきあおうぜ。 俺お前のこと本気で好きだし。」

要するに、女から求められるまで告白はしなくていいということです。 というか、絶対にしてはいけません。もう少し我慢していれば、女性も振り向くというのに、焦って告白してしまって「今は友達としか見れないの」
という、言葉を鵜呑みにして振られてしまったと勘違いしてしまう男性が、とても多いのが、非常に残念です。

だから、先ほど言ったように自分が告白するのではなく、相手に告白させるということを自分のルールにしてください。そして、堂々と言ってやってください。
「別に、俺はお前のこと好きだよ。」
「はっ!? 俺はつきあってると思ってるよ。」
「じゃあ、つきあおうぜ。 俺お前のこと本気で好きだし。」
って。

そうすることによって、あなたが最初にものすごく気に入っていた女性が念願のあなたの彼女となるわけです。途中で多少、意地悪なテクニックも使いましたが、その分あなたの彼女になった後大事にしてあげてください。

そして、これからたくさん色々な思い出を2人で作ってください。



このページの先頭へ