好きな人には自分が好きであることを知られるな

もてない男性は、好きな相手からメールが入ってきたら、返信のメールで“メールを送ってくれて本当にうれしい”というのを、むき出しにして送ってしまいます。

例えば、友人の結婚式の2次会で知り合った新婦の友人女性に対して、初めてメールを送ったとします。
「○○ちゃん、今日はお疲れさま。新郎新婦、幸せそうだったね。結婚式に出ると、いつも結婚したくなるんだよね。俺も早くいい子見つけて、がんばって結婚できるように頑張るよ。○○ちゃんは、かわいいしすぐ相手見つかりそうだね。」

すると・・・
「お疲れさま~。今日は幸せな2人を見れて、良い一日だったね。新婦の子は、私の高校時代の親友で、友人代表として手紙を読んでいる時なんて、号泣して何話してるか自分でもわかんないくらいだったから(笑)」

と、相手からメールが返ってきました。ここまでは、普通の流れでメールができていたにも関わらず、もてない男は嬉しさのあまりこんなメールを返してしまいます。
「新婦の子とは親友なんだ。てか、俺○○ちゃんからメールが返ってきて、むっちゃ嬉しいよ。メール返ってこなかったらどうしようかと、思ってたから。」
嬉しさのあまり、このようなすでに相手に憧れています的なメールを送ってしまいます。このような、メールを送っている時点で、その男は気に入った女性のファンみたいなもんです。

心の中でいくら思っていても、相手にそのことが知られてしまうと、相手に対する立場が一気に下がってしまいます。

相手に気に入られたいと思い、嬉しさを伝えるメールを送るのですが、 それは自分から相手に対するレベルを下げているようなもんです。

例えば、浜崎あゆみや安室奈美恵のようなアーティストが、コンサートを見に来ているようなファンと恋愛になることがあると思いますか?
実際問題、ファンはファンであって、恋愛対象になることは、 ほとんどありません。

実際に恋愛関係になって、交際をするのは相手も、同じような立場の男性になることがほとんどです。レベルが同じくらい、もしくは高い相手ということです。

このように相手に対して憧れ的な目で見てしまっていては、恋愛に発展することは、極めて少ないと言えます。例え、心の中で憧れていたとして、それは絶対に表に出してはいけません。

表に出して、好きな女性に憧れているのがまるわかりな接し方をしてしまうと、残念ながら高い確率で相手の女性にとって恋愛対象外という状態になってしまいますか ら。


このページの先頭へ