メールテクニックだけで相手を好きにさせることはできるのか?

このホームページ読んでいる読者の方はもうすでに理解してくれていると思いますが、一応話しておきます。

もてない男性の多くは、いつもメールで好きな女性に対して、 勝負を挑みます。メールに頼りすぎて、結局空回りして自滅・・・

  1. 連絡先を聞く。
  2. 執拗にメールする。
  3. 相手は、まだその気ではないのでほぼ返ってこない。
  4. さらにメールする。
  5. 完全に返信がなくなる。
  6. 再起不能な状態に。

ほとんどが、このパターンです。 そして、好きになった女性が会社の同僚など、 普段から顔を合わせるような間柄だと、
「ごめんなさい。 仕事とプライベートは分けて考えたいので、 仕事以外の電話やメールはやめてください。」
こんな内容のメールが入ってきて、その後会社でも気まづくなるというパターンも少なくありません。

出会い系や、チャットなどで知り合った女性は別として、普通に出会った女性をメールだけで口説き落とすことは無理に等しいです。

女性は実際にあなたと、何回も会っていくうちに好きになっていくのです。連絡先を交換して、その後一度も会わずにつきあったという話なんて、聞いたことありません。

恋愛において、メールというのは、リアルで会うためのアシスト的な存在にすぎません。だから、このホームページを読んだあなたは、明日からメールに頼りすぎるということは絶対にしないでください。
・見た目に気を使い、第一印象で好感を得る
・面倒くさいメール、重いメールを送らないようにしてまずは会う
・会っていうちに、さらに中身の好感度を積み重ねる

基本的なことではありますが、こういう小さいことの積み重ねが大事なんです。メールだけで女性が落ちるなら、彼女ができないと悩む男性なんてこの世にいなくなるわけですから。

メールはリアルのアシスト的な存在にしかすぎない。
これを、明日から忘れないでください。


このページの先頭へ