メール内で丁寧だったり優しい口調だと恋愛対象外になってしまう理由

メール内での言葉使いもかなり印象が女っぽくなってしまうことがあります。
例えば、
「○○ちゃん、今度一緒にご飯でも食べに行こうね。」
とか、
「○○さん 今度一緒にご飯でも食べに行きましょう。」
や、
「○○ちゃんの職場って、確か△△の辺だったよね?」
とか、
「○○さんの職場って、確か△△の辺ですよね?」
女っぽい口調のメールでは、なよなよした感じで受け取られてしまい、男らしいイメージを抱かれません。

男らしいイメージを抱かれないということは、女性から魅力的に思われないということです。相手に対して自分から恋愛対象外になっていくようなもんです。

そして、他人行儀のメールでは全く親近感がわきませんし、相手に対して自分から壁を作っているようなもんです。

他人行儀なメールばかり送っていては、相手との距離が全く縮まることがないと思っておいてください。
「○○の職場って、確か△△の辺だよな?」
あなたのキャラにもよりますが、
これくらい、ざっくりとしていて全く問題ありません。もてない男は、気を使って相手に対して丁寧な言葉で返したりしがちですが、逆に男っぽい印象のメールの方が、好きな女性は、あなたに対して魅力的に感じるということを覚えておいてください。

実際に同じ内容のメールでも文章の使い方1つで印象が全く変わってきます。非常に小さいことですが、こういう小さいことが積み重なって、最終的に恋愛対象、恋愛対象外の判断が下されるのです。


このページの先頭へ