女の子と仲良くなるためのメールテクニックを学ぶ前にすべきこと

女性にとって連絡先を交換するということは、はっきり言って何でもないこと。これを覚えておいてください。いいですか。

多くの女性経験の少ない男性はこう思っています。“女性は気に入った相手にしか連絡先を教えない・・・”と。

しかし、これは全く違います。女性は、連絡先を聞かれたら誰にでも教えます。試しに合コンなどで、別に興味がない女性だったとしても、一度聞いてみてください。

合コン中に一度も話していなくても大丈夫です。
あなた:「今度また、みんなで飲もうよ。」
女性:「そうだねー、機会があったら飲みたいねぇ。」
あなた:「じゃあ、予定とか決めて連絡するから連絡先教えてよ。」

これだけの会話で十分です。断られる確率はまずありませんから。本当ですので、一度だまされたと思って上の会話の通り話してみてください。その場で直接断るのはなんか気まづいし、連絡先を教えておいて、連絡を取るかどうかは後で考えよう・・・ほとんどの女性はこういう考えを持っています。

だから、絶対に後々連絡を取らないだろうと思っても、とりあえず、聞かれたら連絡先は教えます。連絡先を教えてくれたから、自分に気がある。

もしあなたがそう思っていたら、完全に勘違いですので、 今すぐ考え方を改めてくださいね。大事なのは連絡先を交換する前の印象です。 次の表を見てください。

これは、印象が良い男と、印象が悪い男が女性と連絡先を交換した後の流れです。

 知っていたor出会う

 印象が良い
 悪い
 連絡先を聞く
 普通に交換  嫌々交換
メール、電話  普通、好感触  そっけない
 デートに誘う  OK  予定が合わないと言って断られる
 メール、電話  続く  返事が遅い、無視される
 デートに誘う  OK  また、断られるor無視
  メール、電話  続く  拒否、完全無視

このように、女性というのは男性に連絡先を教えてくれと言われて
「絶対に遊ぶことはないだろうなぁー」
と、心の中でどんなに思っていても、連絡先は教えます。

そしてその後、徐々に徐々に連絡をしなくなるというパターンです。だから、連絡先を聞けたからというだけで、自分に気があると思わず、連絡先を聞いてから相手がどんな対応をしてくるかを、しっかりと見極めてください。

もしあなたが、断られるのが怖くて連絡先が聞けないと、悩んでいるのであれば連絡先は、ほぼ確実に聞くことができるということを、認識しておいてください。

しかし、連絡先を聞いた後、メールをやり取りしたり、デートしたりするには連絡先を聞いた時点での印象が重要になってくるので、まずは第一印象で悪い印象を与えないことが大事です。





このページの先頭へ