恋愛力診断テスト。あるモテない君の日常日記

これはあるモテない男、よしおのある日常を描いた物語です。あなたはよしおと同じような行動をしていませんか?

モテない君がしてしまいがちな行動をあなたはいくつ見つけることができるか、注意深く読んでみてください。よしおの行動から女の子に嫌われる行動をいくつ見つけられるかであなたの恋愛力がわかります。

ある日、よしおは友人のゆうすけから、
「今地元の居酒屋で、彼女と彼女の友達と飲んでいるから、暇だったら、よしおも来て一緒に飲もうぜ。」
こんな電話がかかってきました。

仕事帰りのよしおは別に用事もなかったため、
「そうなんだー、わかった。今から向かうよ。」
と、ゆうすけに返事をして居酒屋に向かうことにしました。

前の彼女と別れてから、長い月日が経過しているよしおは、
「ゆうすけの彼女の友達ってどんな子だろう・・・」
「かわいかったらいいな。」
まだ、会ってもいない状態でゆうすけの彼女の友達に、ちょっとした淡い期待を抱きながら、ゆうすけたちが飲んでいる、居酒屋へ向かいました・・・

「いらっしゃいませー。」
という声のでかい、店員に迎えられ、ゆうすけたちがいる席へと向かい、
「ごめん、遅くなって。」
と、言って席に着くと向かう途中に期待していた以上にかわいいゆうすけの彼女の友達。
「はじめまして、まみです。」
と、かわいい笑顔で迎えてくれました。

それから2時間くらい4人でわいわい盛り上がって会話をし、帰る頃にはよしおは、すでにまみのかわいい笑顔の虜になり、完全に一目惚れしてしまいました。

会話の中から、恋愛話になり彼氏がいないらしく本人も、
「いいね、ゆうすけくんたちはラブラブでっ。」
「うらやましいよ。」
「私も彼氏欲しいなー。」
なんてことを口走っていました。

よしおは、心の中で
「俺じゃだめかな。」
「マジで、まみちゃんの彼氏になりたい。」
と思っていました。

「もしよかったら、連絡先を教えてください。」
と、断られるのを覚悟で勇気を振り絞りよしおは言いました。女性経験の少ないよしおは、連絡先をダメ元で聞くのも精一杯でした。すると、
「いいですよ。」
と、まみは言ってくれてその日、2人は連絡先を交換した・・・

「よしお、お前あの子気に入ったの?」
「あの子かなりもてるけど、ちょっと前に彼氏と別れて今フリーだから、がんばれよっ。」
と、ゆうすけに言われ、がんばって絶対にまみの彼氏になってやろうと決意したのでした。

早速、帰宅した瞬間によしおはメールを送ります。
「今日は楽しかったね。まみちゃんって、すごく笑顔がかわいいね。 まみちゃんの笑顔を見ていて僕はすごく癒されたよ。また機会があったら一緒に食事でもしようね。」
まみ的には、別によしおのことは友達の彼氏の友達。 これくらいにしか思っていません。

別に見た目が特別いいわけでもないし、お洒落でもないどちらかというと、服装とかはイマイチダサかった・・・なので、社交辞令程度にこんなメールを返します。
「今日は楽しかったね。また、機会があれば是非集まって飲みたいですね。今日はもう遅いので寝ます。 おやすみなさい。 」

よしおは、
「やった!まみちゃんからメールが返ってきた!」
と、うれしくてうれしくてたまらなくなります。そして、
「また、メールするね。 おやすみ!」
と、メールを送ります。

この時点で、2人にはすごい温度差があります。よしおは、すでに好き。まみは、別に興味なし。

しかし、よしおはそんなことは全く気にすることなく、次の日から毎日のようにメールをするようになります。女は押しに弱い。マメな男はもてる。自分のことを好きな相手が気になっていく 女は一途に思っていればいつかは振り向いてくれる。
という、言葉を信じて・・・
「おはよう。 今日もいい天気だね。俺は今から仕事だよ。 まみちゃんは、今日は仕事? お互いがんばろうね。」
「今日も一日お疲れ。また明日も仕事がんばろう。 おやすみ。」
「メールありがとう。 まみちゃんからメールが来るとすごくうれしいよ^^」
「まみちゃんと、メールしているとすごく楽しいよ。」

まみも、初めの方は友達の彼氏の友達ということもあって、邪険に扱うと悪いという気もあり、メールを返していました。よしおから、おはようのメールが来たら、
「おはよう、私も今日は仕事だよ。 お互いがんばろうね。」
とか、おやすみメールが来た時なんかは、
「今日は仕事で疲れたから、寝るね。おやすみ。」
と、興味のない相手なので、まみからメールを送ることもありませんし、メールもそっけなくなります。

メールの返事が遅いことなんかは、しょっちゅうです。そのたびによしおは、いてもたってもいられなくなり、メールが来ていないか、センター問い合わせを何回も何回もします。

よしおが、
「まみちゃんって、今気になっている男とかいないの?
とか、質問しても、
「今はいないよー。」
このように短文です。そっけない返事が返ってきます。

よしおはメールのやりとりをしたいのにも関わらず、このようなそっけないメールが入ってくるぐらいなので、 全然メールでキャッチボールができません。
「メールとかすごくそっけないけど、まみちゃんは、俺のことどう思っているんだろう・・・」
次第に、よしおはこう思うようになってきます。しかし、まみの心の中はこうです。
「なんか、連絡先を交換してから毎日メール来るけど、別にタイプでもないし、毎日メール返すの面倒くさくなってきたなぁ」

そして、まみはよしおが自分に好意を抱いていることも、うすうす感づいています。よしおの心境はこうです。
「メールもある程度したし、そろそろ誘ってもいいよな。よし、思い切って誘ってみよう。」
そして、よしおはこんなメールを送ります。
「お疲れさま^^ 今週の週末って予定空いてないかな? もしよかったらご飯一緒に食べにいかない? 」

まみはこう思います。
「うわー、ついに来たよ・・・。これって、絶対に2人きりだよなぁ。どうやって断ろう・・・」
別に全然タイプじゃないし、彼氏は欲しいって思うけど、よしおくんは全く恋愛対象外だし、面倒くさいなぁ・・・」

そして、どうやって断ろうか考えているうちに、時間はどんどん過ぎていきます。その間に、返事がなくて嫌われてしまったのか、 不安で不安でたまらず、
「返信ないけど、どうしたかな?」
こんなメールも来ていました。

そして、考えた末1日後に返信します。
「その日は友達と買い物に行く予定があって、遊べないんだぁ・・・ ごめんね。」
「そっかー。わかった。 じゃあ、また誘うよ。買い物楽しんできてね。」
という、メールを送ります。

そして、一度誘って断られても、まみのことが諦めきれないよしおは、めげずにメールを送ります。
「おはよう。 来週の金曜日か、土曜日は空いてない?」
と。

まみの心境はこうです。
「あぁ、まただ・・・ この前のメールでかなりそっけなくしたし、気づいてよね。 もうこの人面倒くさいから無理!」
「もう、メールも返事しないし、電話も出ないでおこう・・・」

そして、よしおはそれ以降、まみにメールを送っても一切返ってくることもないし、自分の何が悪いのか知りたくて、電話しても一切出てもらえませんでした。
・・・
・・・・・
・・・・・・・

そして、2ヶ月の月日が流れました・・・ よしおは、ゆうすけから
「まみちゃん彼氏ができたしいよ。」
と告げれたのでした・・・

さぁ、あなたはいくつ、よしおの間違った行動を見つけることができましたか?
このカテゴリ『モテない男の考え方と行動』を読むことで、どうしてよしおはまみちゃんと付き合うことができなかったのかがわかります。

きっとこのホームページを読み終えた頃には、あなたならどうすれば、よしおのあこがれた、かわいいまみちゃんと付き合うことができるのかがわかるはずです。


このページの先頭へ