この男めんどくさい!と好きな女の子に思われてしまうメールとは

モテない人は“相手に好意を示せば、振り向いてくれると思っている” と考えてしまいます。そしてその考え方から行動してしまいます。

出会って、連絡先を交換してまだ2人でデートもしていないうちから、あからさまに好意が相手に伝わるようなメールを送ってしまいます。

元々相手の女性に憧れられているような男性であれば、このようなメールを送っても、相手がうれしく思ってくれて、そのまま恋愛に発展することはあります。

しかし、出会った時点で別に当たり障りのない印象の男性が、このようにあからさまに好意を出して、メールをすると、相手の女性にとっては重いというように、受け止められてしまいます。
そればかりではなく、相手に好きということが伝わることによって、相手のあなたに対する興味もなくなります。すでに手に入っているものなので無理に手に入れようとは、この時点で思わなくなることが多いです。

例えば、飲み会で連絡先を交換してすぐに
「今日はお疲れさま。 かなり楽しかったね。○○ちゃん、笑った顔がかわいいね。見ていて思わず、ドキッとしちゃったよ。 これからもっと仲良くなれたらいいなー。」
このように、もう好きになっちゃいましたと、 言わんばかりのメールを送ったり。

「ねぇー、ねぇー。 ○○ちゃんて、彼氏いるの?」
とか、もう彼氏がいなかったら立候補しますと、いわんばかりのメールだったり。

知り合ったばかりの、まだあまり知らないような男性に、このようにメールを送っても面倒くさいと思われるだけということを知ってください。


このページの先頭へ